銀行カードローンの仕組み

銀行カードローンの利用者は社会人だけと思ってはいませんか?

 

20歳以上で安定した収入がある人ならばアルバイトやパートでも利用することはできますし、育児や家事で大変な主婦でも利用することはできるのです。

 

では、銀行カードローンの仕組みはどのようになっているのでしょうか。

 

【個人向けの無担保ローン】

24時間いつでもカードで現金を借入れすることができるカードローンは、一部の銀行のみが主婦向けとして提供しています。

 

カードローンは自動車ローンや住宅ローンとは違ってカードの借入れ限度額内であれば何回でも借りることができます。例えば限度額が30万円までの場合、1回目に10万借りたとしても2回目に30万円以内であれば借りることができるようになっているのです。

 

1度に30万円以上でなければ何度でも借入れを行うことができます。

 

この点がカードローンのメリットでもあり、デメリットでもあるのです。
主婦向けの銀行カードローンも同じ仕組みとなっています。

 

【総量規制のルールって何??】

2010年に銀行カードローンについて法律が見直されました。

 

総量規制と呼ばれるルールが出来、収入がない専業主婦は銀行のカードローンしか利用できなくなってしまいました。つまり、銀行以外の消費者金融系のカードローンは利用が禁止されたのです。

 

銀行カードローンも銀行系の消費者金融は利用できます。

 

主婦向けのカードローンは種類が結構あるので自分にとってどれが1番最適なのか色々比較してみるのも良いかもしれませんね。