銀行カードローンでピンチを乗り切りました

私は、30代の主婦です。
先日、地方に住んでいる姑が緊急入院したと連絡がありました。我が家からは、飛行機でしか行けない距離で、急いで飛行機に乗る必要がありました。

 

しかし、我が家はマイホームを新築したばかりで蓄えがありませんでした。

 

しかも、旦那と私の友人の披露宴に立て続けに出席していたので、へそくりまで底をついていた状態です。旦那と私と子供2人の計4人で飛行機に乗るには往復20万円も必要でした。

 

そんな時、少し前に旦那の名義でカードローンのカードを作っていたことを思い出したのです。

 

銀行のカードローン用カードだったので、なんとなく安心感があって作ったまま1円も借りずに持っていました。急いでコンビニに行って20万円を引き出しました。

 

すぐに飛行機のチケットを取ってお見舞いに行くことができたのです。
もし、銀行カードローンを知らなかったら一家で途方にくれていたに違いありません。

 

幸いにも姑は大事には至りませんでしたが、お金が捻出できずにお見舞いに行けなかったらとんだ恥をかくところでした。その銀行カードローンは、申し込みした翌日には審査結果が分かりその週のうちにカードが届きました。

 

もし、急いでいる場合は、カード発行機まで行けば当日中に受け取れるそうです。

 

これからも銀行カードローンは、家族の保険的な役割として持っていようと思います。一括返済もできるそうなので、ボーナスが出たら利息が含まらまないうちに返済を終えてスッキリしたいと思っています。

 

30代主婦K.Wさん
利用したカードローン:三菱東京UFJ銀行カードローン

 


他の体験談もチェックする

銀行カードローンで生活費をまかなった