主婦対応銀行カードローンの注意点

銀行カードローンは「安定した収入がある方」のみの利用とイメージがついていますが、専業主婦でもある条件をクリアすれば利用することができるようになっています。

 

そのある条件とは「配偶者の収入証明書」を提出することです。

 

銀行カードローンでもお金を貸す行為に違いありませんので、収入証明書によって利用してもようかどうか判断されるわけです。銀行カードローンを利用する前に、注意点についてしっかり確認しておきましょう。

 

借りる前に返済計画を立てる

返済計画を立てることはとても重要です。返済計画を立てずにカードローンを使ってしまうといつの間にか返済できない額になってしまい、月々の返済額が負担になります。

 

返済が滞ってしまえばすぐにブラックリストに載り、今後のローンに大きな打撃を受けることになるでしょう。そうならないようにする為にも返済計画は重要なポイントなのです。

 

どうやって計画を立てていけばよいのか?計画はとても簡単にたてられます。何ヶ月・何年かけて返済していくのか、毎月どのくらいの額を返済するのか決めるだけでokです。

 

1番良いのは本当に必要な額だけ借入れを行うことですが、
難しい場合は返済期間、返済額を予め決めておくと計画が立てやすいでしょう。

 

働いていない専業主婦は配偶者の収入証明書が必要

主婦の方でも働いている人が増えてきていますが、専業主婦の方もいらっしゃいます。
専業主婦は収入がないので代わりに配偶者の収入証明書を提示することになります。

 

配偶者の収入状況により借入れ額が決められ、収入が多ければ多いほど限度額もUPするでしょう。ただし、一部の銀行は収入証明書が不要でも申し込みをすることができるので家族に知られたくない方はそちらを利用して下さい。