主婦でも借りれるカードローンはある?

銀行カードローンを使用する人、使用できる人は幅広いです。
一般的な利用者は社会人として働いている安定した収入がある人になりますが、収入が少ない主婦のパートさんでも利用することはできます。

 

また、働いていない専業主婦の方でも一部の銀行カードローンでは申し込みを受け付けています。では、主婦でも借りれる銀行カードローンにはどのような種類、特徴があるのかみていきましょう。

 

【本人に収入がある主婦の場合】

パートなどで働いている主婦の方はたくさんいらっしゃいます。
自分に安定した収入がある場合は、自分の収入証明書を提示することが必須条件でしたが、

 

以下で紹介しているような銀行カードローンであれば
収入証明書も不要で満20歳以上であれば申し込みは誰でもできます。

 

主婦でも借りれるカードローンはありますが、社会人のカードローンよりも借り入れ額が低く設定されているのが特徴的です。収入が少ない分、返済能力も低いので借入額を高く設定することができないのです。

 

しかし、安心して返していくことができるように金利は低く設定してある銀行が多いです。

 

【本人に収入がない専業主婦の場合】

専業主婦は家事や育児を中心に生活しているので働くことができません。
働いていないと収入はもちろんありませんよね。

 

でも自分に収入がなくとも銀行カードローンは利用できるようになっています。
このような場合の条件は、「配偶者の収入証明書」が必要になってきます。

 

配偶者の返済能力をみて銀行カードローンを利用しても大丈夫かどうか銀行が判断することになるのです。比較的、大規模な銀行はこの条件が掲げられていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンなどの一部の銀行カードローンやネット銀行などは配偶者の収入証明書も不要なケースがあります。

 

自分の本人証明書だけの提示でokなので助かりますね。


主婦でも借りれるカードローンならココ!

色々な会社を調べましたが、以下の銀行カードローンであれば、主婦でも借りる事ができて、PCやスマホからの申し込みをする事ができます。

 

自宅に居ながら来店不要で借リる事ができるので便利ですね。
しかも、銀行カードローンだから年収による申込み制限がないのも嬉しい所ですね。

 

ただし主婦の場合あまり大きい額は借りれないようです。
5万とか10万とか少なめな金額で申し込みをすると審査に通りやすいですよ。

限度額

年率

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
4.6〜14.6% 100万未満不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万
主婦:30万以内
3.9%〜17.5% 300万未満不要
ジャパンネット銀行
1万〜1,000万
主婦:審査による
2.5〜18.0% 200万未満不要
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万
主婦:審査による
4.5〜18.0% 100万未満不要

主婦の銀行カードローン利用方法をおさらい

社会人、アルバイト、パート、学生、そして主婦でも利用することができる銀行カードローン。

 

実は利用方法はとっても簡単です。今回は主婦でも借りれるカードローンをピックアップして利用方法について学んでいきたいと思います。

 

  • 主婦の申し込みにも対応しているカードローンがに申し込みをする
  • 必要書類(本人証明書・収入証明書(金額によって必要))を用意する
  • 審査結果を待つ
  • 通過すれば融資が受けられる

 

簡単に流れを説明すると以上のようになります。

 

主婦の場合は、限度額が低く設定されているので(ほとんどが30万円まで)借りすぎることはありません。もし主婦の方でもパートとして働いているならば自分の証明書で大丈夫ですが、専業主婦の場合は旦那様の収入証明書が必要になるケースもあります。

 

一部の銀行では本人証明書(免許証、パスポート、保険証)だけでokというところもあるようです。
そして、審査に通過すれば銀行カードローンを利用することができます。

 

即日融資ができる銀行もあるので事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

そして、返済方法や返済金額もしっかり確認しておくことが重要です。
銀行カードローンは金利が低いので利用しやすいですが、カードを使うとつい自分の口座から引き落としている感覚になってしまいます。

 

あくまで「お金を借りている行為」になるということを絶対に忘れないでおいて下さいね。

 

子供の授業料や生活費など急にお金が必要になった場合に銀行カードローンを1枚持っていると安心です。利用方法は簡単ですが、最初にしっかり返済していけるかどうか計画を立てて利用することをお勧めします。

 

主婦向けの銀行カードローンを比較してみた

銀行カードローンはある一定の収入がある方しか利用することはできないと総量規制という法律で決められました。

 

よって、消費者金融では借りられないことになっています。

 

消費者金融と銀行の間に位置している銀行系消費者金融でも主婦の借り入れに対応しているカードローンはありますが、正直微妙なところです。

 

自分にとってどこが1番良いカードローンなのか選ぶ際、様々な銀行カードローンを比較してみると良いでしょう。

 

【即日融資可能な銀行カードローン】

急にお金が必要になったけれど手元にない場合、銀行カードローンが1枚あれば便利ですが持っていない時申し込みをしなければいけません。

 

カードが届くまで利用できなければ時間がかかってしまいます。

 

そのような状況考慮して、申し込みから融資を受けるまで即日で手続きが完了するスピーディーな対応をしてくれる銀行もあります。最短30分で審査結果が分かり、最初の融資を指定した口座へ振り込んでくれるのです。

 

即日融資であれば急を要するお金を無事に得ることができますし、非常に助かりますよね。

 

【家族にバレたくない方にお勧めのカードローン】

基本的に専業主婦の場合、配偶者の収入証明書が必要となりますがそれだと家族にバレてしまいます。どうしても内緒でお金を借りたい方もいるはず。

 

そのような方にお勧めしたいのが、本人の証明書だけで申し込める収入証明書不要の銀行カードローンです。同意書、担保も不要、収入証明書も不要で銀行カードローンを利用することができます。

 

もちろん専業主婦でも利用できるのでお勧めです。
銀行カードローンだから消費者金融よりも金利が安いのも嬉しい所ですね。


旦那や家族にばれないようにお金を借りる方法

専業主婦が旦那バレしないようにお金を借りる方法はあるのでしょうか。

 

パートとかで自分である程度の収入があれば、自分の名義とか年収を入力して誰にも内緒で借りられる可能性は誰しも感じると思います。

 

だけど、専業主婦の場合、自分名義のローンは組めないような気がして最初から諦めてしまう女性も多いです。

 

確かに、消費者金融のローンの場合、貸金業法も遵守しなくてはならず、専業主婦なら旦那の収入証明が必要になります。当然、旦那に内緒でお金を借りることはできません。

 

でも、銀行カードローンの場合、貸金業法に当てはまらないため、収入証明が不要なケースも多いです。全ての銀行カードローンではありませんが、旦那に内緒で借りられる銀行もあります。

 

旦那にバレる可能性があるのは、

  • 「旦那の会社に在籍確認の電話が行くこと」
  • 「自宅などに明細書が自宅に送られてくること」
  • 「旦那の同意書が必要な場合」
  • 「自宅に電話がかかってくる場合」

 

等が考えられます。

 

一番安全なのはカードローン会社の問い合わせ窓口に「旦那に内緒でお金を借りたいが可能か」ということを問い合せてみることです。その際に、前述した旦那の会社に電話が行かないか、明細書は自宅郵送ではなくWEBで確認する方法が取れるか、旦那の同意書が必要かどうか、自宅に電話がかかってこないかを具体的に聞いてみましょう。

 

「旦那にバレないか」と直接聞くよりも、細かく聞いて言ったほうが印象が良いかも知れませんね。

 

今、可能なところを記載しても、いつカードローン会社の方針が変わるとも言えませんから、
借りる際に実際に自分の耳で確認するのが間違いありません。